日本語:

人工知能技術の成熟に伴い、今年のChatGPTとBing検索の統合、GoogleのBardの登場など、私たちが常に使用しているツールである検索エンジンは新たな課題と転機に直面しています。これらの新技術の登場により、すでに不透明な検索エンジンの世界は一層複雑になっています。最新のSEOトレンドを分析し、将来のSEO作業に向けたガイドを提供することを願っています。

AI技術の発展に伴い、多くの企業がAIを活用したコンテンツ生成を試みるようになり、AIによるコンテンツ生成/協力の割合が増加しています。AIライティングツールは非常に豊富で、生成されるコンテンツは多くの人々が想像するよりもはるかに優れています。AIツールは使用するたびにますます賢くなるため、将来的に作成できるコンテンツはますます良くなるでしょう。また、GoogleはAIが生成したコンテンツについて、高品質であれば罰則を科さないと公表しています。なぜなら、AIが生成するコンテンツは多くの場合、人間が書くよりも明確で整然としているからです。2023年には、AIが生成した高品質なコンテンツの比率がますます高くなり、GoogleもそれらがAIによって生成されたものであるという理由だけで罰則を科さないでしょう。

Googleは近年、ユーザーエクスペリエンス(UX)にさらに重点を置いていることを何度も強調しており、特に人工知能(AI)の台頭やChatGPTなどのツールが潜在的な脅威となる中、UXを重視しています。コンテンツが検索者の問題に正確かつ完全に回答するだけでなく、UXには高速な読み込み速度、モバイル端末での体験、サイトのナビゲーションのしやすさ、明瞭なレイアウト、読みやすさなどが含まれます。Googleは多くのランキングアルゴリズムの更新を計画していると予想されますので、分野のキーワードランキングをリアルタイムで監視し、コンテンツを適時に調整・更新してGoogleの重点を反映させることをお勧めします。

ChatGPTやBingなどのツールに対処するため、Googleは自社のAIツールであるBardを導入しました。現在はテスト段階にあるものの、将来的にはますます多くの検索結果がBardによって生成される可能性があります。もしBardの利用範囲が広がれば、多くのウェブサイトにとっては流量の急激な減少という大きな打撃になるかもしれません。これは注目すべきトレンドです。なぜなら、他のウェブサイトのコンテンツがBardよりも正確で詳細な場合は、Bardに取って代わられることはないからです。したがって、今後のSEOコンテンツの作成には、Bardよりも優れたコンテンツを提供する必要があります。

動画コンテンツは、2023年にSEOのますます重要な構成要素になるでしょう。ユーザー行動の変化に伴い、テキストではなく動画コンテンツを好む人が増えています。TikTokは「検索エンジン」として参入し、競争が激化しています。2022年には、多くの若者がGoogleをスキップしてTikTokに直接検索クエリを入力するため、TikTokはZ世代の検索エンジンになりました。

したがって、動画コンテンツは2023年のSEOの重要な構成要素になります。多くの「操作方法」の検索結果で、現在トップ3にはYouTubeの動画が含まれています。このようなコンテンツについては、記事と動画を組み合わせることで、高いランキングとトラフィックを得る機会を増やすことができます。また、動画コンテンツはAIツールによっては取り替えがたいものになるでしょう。

検索エンジン(特にGoogle)は、SEOランキングに重点を置くのではなく、ユーザーのニーズに応える有価値なコンテンツを優先的に考慮するようになるでしょう。Googleは、ランキングをユーザーのニーズよりも優先するウェブサイトを罰するための「有用なコンテンツのアップデート」などのさまざまなアルゴリズムの更新を発表しています。2023年、Googleはコンテンツの品質にさらに重点を置き、キーワードの過度の使用やリンク構築戦略などの過剰最適化策を採用するウェブサイトにペナルティを科すようになると予想されています。

競合が激化する理由は2つあります。1つは、SEOの重要性に気づいた企業やブランドが増え、より多くのリソースを投入して検索エンジンでの順位を上げようとするためです。もう1つは、人工知能技術の普及により、多くの企業が参入することができるようになり、SEO分野の競争が激化しているためです。また、人工知能技術の発展と普及は、SEO自体にも影響を与えています。検索エンジンは、ウェブサイトの品質やユーザー体験に対する要件がますます高くなるため、企業は常にSEO戦略を改善し、革新する必要があります。それにより、検索エンジンでの順位を上げ、ウェブサイトの品質やユーザー体験に対する検索エンジンの要件を満たすことができます。

GoogleのSEOトレンドは、検索エンジン最適化の分野において重要なものとなっています。 2023年までに、ビデオコンテンツがSEOにおいてますます重要な役割を果たすことが予想されています。ユーザーの行動が変化し、テキストよりもビデオコンテンツに傾向するようになっているためです。 TikTokは「検索エンジン」として参入し、競争に加わりました。 2022年までに、多くの若者がGoogleをスキップして直接TikTokにアクセスして検索を行うため、TikTokはZ世代の検索エンジンになりました。

そのため、ビデオコンテンツは2023年のSEOにおいて重要な役割を果たすことになります。多くの「操作方法」の検索結果の上位3つには、現在YouTubeビデオが含まれています。このようなコンテンツに関しては、記事とビデオを組み合わせることで、高いランキングとトラフィックを得る機会が増えるでしょう。また、ビデオコンテンツはAIツールに置き換えるのが難しいため、SEOにおいてますます重要な要素となっています。

また、検索エンジン(特にGoogle)は、SEOランキングよりもユーザーのニーズを満たす価値のあるコンテンツに優先的に対応することを継続する予定です。Googleは「有用なコンテンツアップデート」などのアルゴリズムの更新を発表し、ユーザーのニーズよりもランキングを優先するウェブサイトを罰するようになりました。 2023年には、Googleはコンテンツの品質にさらに重点を置く予定であり、SEOランキングを高めるために過剰最適化戦略(例:キーワードの過度の使用やリンク構築戦略)を採用するウェブサイトを罰するでしょう。

SEO分野での競争が激化しているのは、2つの理由があります。1つは、多くの企業やブランドがSEOの重要性に気づき、自分たちの検索エンジンランキングを向上させるためによ

WebSEO、サイト作成などの知恵について、もっと知りたければ、フォローよろしくお願いいたします。

中文:

随着人工智能技术的日益成熟,加上今年ChatGPT和必应搜索的结合、谷歌Bard的问世,搜索引擎作为我们已经习以为常的工具正面临着新的挑战和转机。这些新技术的出现让原本就变换莫测的搜索引擎领域更加扑朔迷离。我们分析最新的SEO趋势,希望能帮助大家为将来的SEO工作提供一些引导方向。

随着AI技术的不断发展,越来越多的企业开始尝试使用AI辅助生成内容,AI生成/协助生成的内容比重增大。AI写作工具非常丰富,生成的内容比很多人想象得要好很多,且AI工具是会越用越聪明,所以今后能创作的内容只会越来越好。谷歌也曾公开表示,对于AI生成的内容,如果是质量高的,它们不会惩罚,因为AI生成的内容往往比很多真人写的还要通顺有条理。在2023年,AI生成的高质量内容的比重将会越来越高,并且谷歌也不会因为这些内容是由AI生成而惩罚它们。

谷歌近年来一再强调更加重视用户体验(UX),尤其是随着人工智能(AI)的崛起和像ChatGPT等工具对搜索引擎的潜在威胁,谷歌更是把用户体验放在了重中之重。除了内容要准确、完整地回答搜索者的问题之外,用户体验还包括高速的加载速度、移动端的体验、网站易于导航、排版清晰、阅读和观看体验佳等。谷歌预计会推出很多排名算法的更新,因此建议实时监测领域的关键词排名,以便及时调整和更新网站内容以符合谷歌对内容的侧重点。

为了应对ChatGPT和Bing等工具带来的挑战,谷歌推出了自己的AI工具Bard。尽管目前处于测试阶段,但不排除在未来某个时候开始,越来越多的搜索答案将会被Bard生成的内容所取代。如果Bard应用更广泛,那么这对很多网站来说将带来不小的冲击,流量可能会急剧下降。这是我们需要关注的一个趋势,因为如果其他网站创作的内容能比Bard更准确、更详细的话,它就不会被Bard取代。因此,今后SEO内容创作需要走的方向是提供比Bard更好的内容。

视频内容将如何在 2023 年成为 SEO 越来越重要的组成部分。随着用户行为的变化,越来越多的人倾向于视频内容而不是文本,TikTok 以“搜索引擎”的身份加入竞争。到 2022 年,TikTok 已成为 Z 世代的搜索引擎,因为许多年轻人跳过 Google 直接进入 TikTok 进行搜索查询。

因此,视频内容将成为 2023 年 SEO 的重要组成部分。许多“操作方法”搜索目前的前三名结果中都有 YouTube 视频。对于此类内容,结合文章和视频将增加在 SEO 上获得高排名和流量的机会。此外,视频内容很难被 AI 工具取代。

搜索引擎(尤其是 Google)将如何继续优先考虑满足用户需求的有价值内容,而不是只关注 SEO 排名的网站。谷歌推出了各种算法更新,例如“有用的内容更新”,以惩罚将排名优先于用户需求的网站。2023 年,谷歌预计将更加重视内容质量,并惩罚那些为了 SEO 排名而采用过度优化策略(例如过度使用关键字和链接构建策略)的网站。

SEO领域的竞争加大,原因有两个:一是越来越多的企业和品牌意识到SEO的重要性,投入更多资源来提高自己在搜索引擎上的排名,导致竞争更加激烈;二是人工智能技术的逐渐普及,许多企业也能够加入战场,SEO领域的竞争也因此越来越激烈。此外,人工智能技术的发展和普及也对SEO本身造成了一些冲击,搜索引擎对于网站质量和用户体验的要求会越来越高,企业需要不断创新和优化他们的SEO策略,以提高自己在搜索引擎上的排名,同时满足搜索引擎对于网站质量和用户体验的要求。

  1. 用户体验将更加重要

随着谷歌对人工智能技术的不断应用,它对于用户体验的要求也会越来越高。谷歌会考虑用户在搜索结果中的停留时间、点击率等指标,从而评估网站的质量。因此,网站需要更加注重用户体验,包括网站的速度、响应性、易用性等方面的优化,以提高用户留存率和转化率。

  1. 视频和图像内容将更加重要

随着用户对视频和图像内容的需求增加,谷歌也会更加注重这些内容的排名。因此,网站需要更加注重视频和图像内容的优化,包括视频的标签、描述、缩略图等方面的优化,以提高这些内容在搜索引擎中的排名。

  1. 内容质量和原创性将更加重要

谷歌一直强调网站内容的质量和原创性。在ChatGPT时代,谷歌会更加注重网站的内容质量和原创性,对于那些抄袭或者存在大量低质量内容的网站,谷歌会进行惩罚。因此,网站需要更加注重内容的质量和原创性,不断创新和优化内容,提高网站的品质和声誉。

  1. 移动端优化将更加重要

随着移动互联网的发展,越来越多的用户在移动设备上访问网站。因此,谷歌也会更加注重移动端的优化。网站需要注重移动端的速度、响应性、易用性等方面的优化,以提高在移动设备上的用户体验和搜索排名。

总之,在ChatGPT时代,谷歌SEO的趋势将更加注重用户体验、视频和图像内容、内容质量和原创性、移动端优化等方面的优化,网站需要不断创新和优化自己的SEO策略,以提高在搜索引擎上的排名和用户体验。